足関節の痛み

足関節の痛み

○立ったり座ったりする時にヒザが痛い。
○歩く時にヒザ・股関節、あるいは足首が痛い。
○肘が痛く、指先に力が入りづらい、手首が痛くて物がつかめない。
○ヒザ・股関節・足首が痛くしゃがめない。
○階段の上り下りでヒザや股関節、足くびが痛む。
○ヒザ・股関節・足首に痛みが出るため立っていられない。
○歩いていても座っていてもヒザから下にしびれがある。

足関節は下腿の2本の骨の脛骨と腓骨とかかとの腫骨、そして距骨が真ん中に入り滑車の役目をはたし構成されます。

下腿骨の2本の間にしっかり収まっていないと足首の動きが制限されるほかからだの支えが不安定になります。

これは長母指屈筋や腓骨筋、後脛骨筋などの筋肉の働きの低下により引き起こされるもので、たとえば階段を降りるときにいたむ膝などに大きく関与してきます。

階段を降りるとき着いた足側が痛い場合はこの下腿筋肉群の筋機能低下が引き起こすものです。

また軽いアキレス腱の断裂と診断されるものは長母指屈筋の過剰緊張から来ているものがほとんどで、やはりこれらの人たちの足首は大抵ねじれています。

またこのねじれをそのままに使っていると膝と同様に水がたまることもあります。

‘‘当院の治療‘‘
まずは検査をしてどこが原因で痛みが出ているのか見極めます。

〇歪みが原因=骨盤矯正、足首矯正、全身矯正

歪みを整える事で、過度にかかっている股関節の負担を緩和します。

〇痛み、炎症の緩和

超音波治療器、ワディット(複合型電気治療機)、テーピングなどを使用して痛み、炎症の緩和を早めます。

〇筋力の低下が原因

運動療法、インナーマッスルトレーニング(エルビオ)などを使用して低下した筋力の回復を図ります。

そもそも何が原因で痛みが出ているのか、わかりやすくお伝え致します。

全てが、この治療法で完治するものではありません。

医師の治療が必要な場合もありますし、整骨院が得意とするものもありますので、一度ご相談下さい。

メール インターネットでのお問合せ
ボタンを押して専用フォームへご入力ください
お問合せ
電話 お電話での予約・お問合せ
受付時間/9:00~12:00、17:00~21:00
水・日・祝休診 ※祝日のある水曜日は診療
電話 06-6760-5255

ページトップに戻る