腰痛

腰痛

 
 
腰痛の原因は80%が仙腸関節(骨盤)のズレと言われています。
 
出産前後の腰痛やぎっくり腰は仙腸関節の捻挫(ズレ)によるものです。
また、悪い姿勢や生活習慣を続けることで、仙腸関節の歪みやねじれが原因となり慢性腰痛が起こります。
 
腰の重だるさ・筋肉コリや張りなどの違和感や不快感、または軽度の痛みがある慢性腰痛では、仙腸関節に微小なズレが出ている可能性があります。
 
軽い痛みだからと言ってそのままにしていると、知らず知らずのうちに痛みを避ける動き方や姿勢をとってしまい、無理な力が仙腸関節のズレをさらに酷くさせ腰痛を悪化させます。
 
症状が軽いうちから早めに仙腸関節を治しておくことが大事です。当院では痛みの原因となっている仙腸関節のズレを「骨盤矯正」を中心に治療を行い「早期改善」を目指しています。また腰椎椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・腰椎すべり症・腰椎分離症などの痛みや痺れも、この仙腸関節ズレが原因であることがほとんどです。
 
当院では無理な矯正やボキボキする施術はいたしません。病院や整体、整骨院などいろいろなところに行ったけど、解消しない…」「治したいけどボキボキする痛い施術は苦手…」という方にこそ、ぜひご来院いただきたいと思っております。 
 
また、それ以上に腰痛やぎっくり腰の原因を特定し、解消すること、ぎっくり腰を再発しない体作りを重視しています。(エルビオ)
 
 
体の仕組みを理解し国家資格を取得した施術者が、保険施術はもちろん、コリやダルさ体の歪みにも対応した保険外施術の施術も充実しております。
 
 

その人によって原因は様々ですので、上記の治療で全てが完治するものではありません。
医師の診断を受けるべきものもありますが、整骨院が得意とするものもありますので一度ご相談下さい。

メール インターネットでのお問合せ
ボタンを押して専用フォームへご入力ください
お問合せ
電話 お電話での予約・お問合せ
受付時間/9:00~12:00、17:00~21:00
水・日・祝休診 ※祝日のある水曜日は診療
電話 06-6760-5255

ページトップに戻る