坐骨神経痛

坐骨神経痛

いわゆる坐骨神経痛は、痛みや痺れという症状が腰から下にかけてあらわれます。

坐骨神経痛は様々な原因で起こります。

(坐骨神経痛の原因)

坐骨神経痛で多いのは、椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症です。

椎間板ヘルニアは若い年代層に多く、椎間板という骨と骨の間にある軟骨に、なんらかの異常が起きた時に椎間板の中心にある髄核というものが飛び出してしまい、神経を圧迫したりすることで坐骨神経痛の症状があらわれます。

かたや腰部脊柱管狭窄症は高齢者に多いです。

年を重ねることで骨が変形したりすることによって、神経が圧迫されてしまうために坐骨神経痛の症状があらわれます。

この2つ以外にも神経が筋肉で締めつけられたり、坐骨神経が炎症を起こしたりすることで坐骨神経痛の症状があらわれることもあります。

当院の治療

まずは検査をして、原因を見極めます。

〇歪みが原因=骨盤矯正、足首矯正、全身矯正

〇筋肉の損傷・炎症=超音波治療器、ワディット(複合型電気治療機)

〇筋力の低下=運動療法、インナーマッスルトレーニング(エルビオ)

など原因に合わせた治療を致します。

ただし、すべてがこの治療法で完治するものではありません。

医師の治療が必要な場合もありますし、整骨院が得意とするものもありますので、一度ご相談下さい。

メール インターネットでのお問合せ
ボタンを押して専用フォームへご入力ください
お問合せ
電話 お電話での予約・お問合せ
受付時間/9:00~12:00、17:00~21:00
水・日・祝休診 ※祝日のある水曜日は診療
電話 06-6760-5255

ページトップに戻る